ブルーライトが視力低下に関係ないって米国眼科学会が宣言したぞ。

Pocket

米国眼科学会が宣言。ブルーライトは視力低下に関係ない。

ちょっと前までスマートフォンなどから発せられるブルーライトが目に障害をもたらすと言われてきてた問題について、最近の科学的研究結果から目を傷めるということはないという結果が出てました。

なので、そのことについてまとめてみます。

ブルーライトの眼自体に及ぼす科学的な研究結果

そもそも、ブルーライトは寝る前や長時間見過ぎると睡眠の質を下げるという研究結果が証明されてまして実際多くの研究から覚醒に作用することが確認されています。

そんな研究に乗じて眼自体も障害してしまうのでは?

といったネガティブな情報が流れていたわけです。

しかし、睡眠の質を下げても、眼自体に傷害を引き起こすということはないと、米国眼科学会(AOO)がはっきり宣言したんですね。

つまり、科学的知見から睡眠の質は下げるけども、視力低下には関係ないということが発表されたわけです。

もっと言うと、白内障や緑内障などの疾患になってしまうというような科学的根拠なんてないということですね。

今までブルーライトを使った目に対する研究実験は主にラットを使った実験でして、

ラットの目を片方閉じた状態で、もう片方にディスプレイ画面を見続けさてると一時的に視力が低下するという現象から発展していったものです。

しばらくすると視力は元に戻るので、結局は眼に傷害はなく修復作用が働くため目の健康には問題ないということ。

一時期「スマートフォン失明」とかいった過激な研究内容が出たりしたので、そんな記事がこぞって巷をかき回してしまったのがきっかけだと思います。

今まで私も夕方になるとスマフォの画面がブルーライトを自動でカットするアプリを設定したりして、なるべく夜はブルーライトに接触しないようにしてたわけです。

ですが、

科学的には、視力低下には影響を及ぼさないということが分かった。

ブルーライトが子供に与える影響は?

ですが、大人は良いけど子供はどうなんでしょうか?

まあ、実際行われてきた実験がラットレベルではありますが。

私の子供もタブレットを使って動画を毎日のように見たりするので、視力については心配しております。

ですが、そこまで影響を与えないとなると早急に対処しなくてもいいのかな~。

そこまで心配しなくてもいいのではというのが個人的な私の見解です。

ただ、子供はまだ発達段階でもあるし成長の過程で網膜なんか脆弱だったりするかもって懸念があるから注意は必要だと思います。

むしろ、今回の結果ではっきり睡眠の質は下げることは分かっているので夜の視聴は避けるべきです。

ブルーライトをカットする眼鏡は意味があるのか?

米国眼科学会は、こんなことも宣言してます。

ブルーライトをカットする眼鏡やフィルターも推奨していない。

理由は、そんな実証はされてないから長期的な副作用があるのか分からない。

とのこと。

つまり、なんも分かってないしホントのところブルーライトをカットする眼鏡を使う効果があるのかも研究すらされてないから意味ないんじゃないすかね。

って話です。

個人的には、睡眠の質は下がるって根拠しかないからですからブルーライトの作用を効果的にうまく利用したらいいと思うんですね。

ブルーライトを効果的に使った目覚まし覚醒方法とまとめ

覚醒を促すようなブルーライト活用方法。

ブルーライトは睡眠誘導ホルモンのヒスタミンを抑制し、覚醒ホルモンであるセロトニン分泌を促すことが分かってるんで。

朝の寝起きの状態からガンガンスマフォやテレビを見て脳内の覚醒を助ければ目覚まし効果があるのではということです。

つまり、目覚めやすくするのに医学的に効果的な覚醒方法かもしれないわけですね。

周りの人にも勧めてみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です