入院業務でやることって何ですか?

Pocket

準夜勤帯の入院業務ってホントにやること多くて大変

今日は、入院業務について書いていきます。

昨日の準夜勤の時、尿管結石の腎盂腎炎疑いにより入院になった患者さんがいたのでその概要について書いていきますね。

準夜勤は、勤務時間が16時~夜中の1時まででして、受け持ちはないものの深夜勤さんの負担を軽くするためのフォロー的存在です。で、今回19時ごろ救外から入院の連絡が入り私が担当することになりました。

入院患者さんの患者情報はいつとるの?

  • 85歳男性
  • 主訴・現病歴は昨夜22時ごろから発汗と発熱、悪寒が出現し翌日様子を見ていたが夕方になるにつれ体動困難となり救急車要請。
  • かかりつけは当院
  • 妻と二人暮らし
  • ADLは自立

準夜勤時は看護師が少ないのでなるべく短時間でアナムネを取り必要書類を発行してサインをもらうことを重要視して動きます。

でないと、深夜勤さんが準夜勤の業務をこなさなければいけないからですね。

また、患者さんの家族が付き添いで居る内に済ませておかないと仕事を引き継がせることになるので申し訳ないと感じるわけです。

もらっておきたい必要書類とサインとは?

  • 入院診療計画書
  • 看護計画書
  • 入院される皆様へ
  • 嚥下問診票
  • オムツプランとフルプランセットの申し込み
  • 抗生剤のアレルギー問診表
  • お薬手帳と持参薬(内服薬チェック記入表)

これらは優先順位的に必ず早めに済ませて準夜勤の業務に戻りたいですな。

ある程度は深夜勤さんが手伝ってくれるので、分担しながら入院手続きを行うのですがもし一人でするなら優先順位を明確にしておかないと焦ってしまうんです。

これだけはやっておきたい入力が必要な書類とは?

必要なもの

  • 入院診療計画書(ドクターが記入してれば追加で記入して発行)
  • 看護計画書
  • 抗菌薬問診表(ドクターのサインを先にもらっておく)

全部は網羅する必要はないアナムネ聴取のタイミングは?

アナムネで聞いておきたい情報を絞っておく

アナムネも時間をかけ過ぎるといくらあっても足りないので要点を絞る必要がありますね。

  • 主訴(今どうあるか)
  • 入院になった経緯
  • ドクターから何と言われて入院になったか
  • 入院前の生活形態(独居やサービスの利用)
  • 家での日常生活状況(食事・排泄・入浴・外出)
  • 食事の形態が合っているか(いつから食事提供かによる)
  • 既往歴
  • お薬手帳と持参薬の有無
  • 最終排便・最終入浴日
  • 入院時のADL(寝返り・飲み込み・下着の種類)
  • 褥瘡の有無
  • 主訴に伴うアセスメント
  • 認知症の有無
  • 入れ歯
  • アレルギーの有無(口頭で聞く)
  • 家族構成(キーパーソン連絡先2か所)
  • 下着と病衣の貸し出しが要るか
  • ナースコール指導
  • 視力・聴力の既往
  • 普段の移動手段(杖・シルバーカー・車いす・独歩など)
  • 介護保険の利用の有無(介護の等級)

これらを患者さんの病態や状況に応じてアナムネしておくと記録を書く時、後で聞く必要がなくなりもれが無くなります。

ある程度情報をとったら通常業務に戻り、深夜勤さんのフォローをしながら空いた時間で記録や入院の手続きを進めていくことになります。

なんだかんだで聞くこと沢山あってくらくらする。

入院業務の落ち着いてからすることは?

  • 担当看護師の決定
  • リストバンド
  • 名前シール
  • 検査
  • 着替え
  • 点滴更新など時間振り
  • 書類のチェック
  • 記録
  • 着替えのボックスの準備
  • 環境整備
  • ネームプレート発行
  • 薬のセットと記入
  • 指示内容の確認と指示受け

落ち着いてからする入院業務は時間内に終わらせればいいので抜けがないようにしますね。

日勤帯でも抜けがないようにするのは必要なことではありますがね。

まとめ

いかに優先順位を考えて行動するかにかかってくるでしょうし、患者さんの病態や家族の反応とか色んな状況に応用しながら入院手続きを進めなければいけませんな。

簡単にさせてはくれませんね。コールとか鳴りっぱなしだったりするとそれに手間をとられてなかなか仕事が進まないですからね。

時間との勝負です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です