せん妄の看護対応には原因検索がカギ【キッカケは病態・薬・症状】

Retrieval
Pocket

せん妄の看護対応には原因検索がカギ【キッカケは病態・薬・症状】

せん妄を起こしたときにどんな看護をしたらいいか分からない疑問に答えていきます。

結論から言うと、「せん妄の看護対応にはキッカケを検索することが大事」です。

今回は、せん妄を引き起こしてしまうキッカケは何なのかについて書いていきます。

看護するためには、せん妄と認知症を区別しなければいけません。

理由は全く違う機序から起こっているからですね。

認知症じゃないかと思っていたらせん妄だったり、せん妄の症状が出たと思ったらもともと認知症の初期症状だったりと似てるんで、混同してしまうところが大いにあるんです。

しっかり経験したことをふまえて学んだことを書いていきます。

せん妄の看護をするには「なぜせん妄になるのか」を見つけることから始まる

Retrieval

何はともあれ原因を改善しないと症状はよくならないのは、せん妄に限ったことではないです。

例えば、スポーツなんかでもそうですよね。

何が原因で調子が悪いのか?

原因となりうることを改善して初めて、いい方向に向かっていくのはいろんな場面に言えることです。

感染症になったら原因菌を見つけて看護したり対処するのが効果も早いし、治りも早いわけですよ。

せん妄も一緒で、原因となるキッカケをちゃんと見つけてあげて、なぜせん妄になったのかを考え、それに対して看護的なアプローチしていくことがまず先決です。

患者さんはもちろんですが、医療者側も安心に対応ができるって話です。

せん妄を引き起こすキッカケは大きく3つに分かれる

せん妄には症状を引き起こす因子ってものが3つあります。

せん妄の因子を看護のキッカケに考えていく。

準備因子 脳機能低下を引き起こしやすい患者の背景 高齢者、脳自体の病気など
促進因子 せん妄のキッカケとなる因子 疼痛や呼吸苦などの身体的不快感、睡眠・不動・感覚遮断・心理的ストレスなど
直接因子 脳機能を低下させて、せん妄を引き起こす重要な因子 DELIRIUM(デリリウム)

せん妄のキッカケ因子

準備因子は主に環境や患者さんの背景に関わっている因子なので、事前にわかることではありますね。

促進因子もこのブログでもお勧め記事を書いていますので気になる方はそちらをご参照してください→(せん妄かどうかを判断する必要なこととは?

直接因子について詳しく解説していきますと、これが結構重要であるんですよね。

表に紹介してあるように因子の頭文字を取ってDELIRIUM(デリリウム)というナイスな分類がありますので参考にしてください。

Drug 薬剤(鎮痛薬・鎮静薬・抗コリン薬・潰瘍治療薬)
Eyes/Ears 視覚・聴覚障害
Low O₂ states 低酸素状態
Infection 感染症・発熱・体力消耗
Retenstion Restraints 尿や便の停滞・身体拘束
Ictal けいれん発作後
Under hydration

Under nutrition

脱水・低栄養
Metabolics 代謝性障害(腎・肝不全、血糖異常・貧血・電解質異常など)

DELIRIUM(デリリウム)

DELIRIUM(デリリウム)とは、訳すとそのまま「せん妄」という意味なんですよね。

覚えるのは大変だと思うのですが、看護をするうえで「そういえばこういうのがあったな」って気付いてもらえる程度でいいと思います。

気付いたら調べればいいんで。

こういう物を使って知識として活用できると看護の役に立ちます。

せん妄のキッカケから看護の対応を探すには?

clueせん妄のキッカケがある程度当たりを付けれたらどう看護の対応していけばいいのかについてです。

けど、これはキッカケが何なのかってのを理解していないとアクション出来ないんですね。

見つけたキッカケから「病態」「薬」「症状」のどれかに当てはめて看護の対応をしていけばいいです。

病態ならば、せん妄のキッカケで起こっている病態(感染や炎症、脱水とか貧血・臓器障害・高Ca/低Naなど)に対して是正してあげるように看護介入していく。

例えば、バイタルサインの変化の有無や、食事摂取量の確認、検査データの確認、全身状態の経過や異常を見つけて改善していくためのアプローチとアクションですね。

はせん妄のキッカケになりやすい因子の一つなので、減量や変更などを薬剤師に相談したり、医師に確認したりします。

症状に対してがいちばん看護の介入によって、効果判定が目に見えやすく実感できる促進因子項目です。

痛みや呼吸苦・排泄や不眠、その他の切迫した生理学的な苦痛を緩和し、安心してもらう看護を提供することが重要。

せん妄にならない予防的な看護はあるのか?

せん妄にならないに越したことはないですから事前に予防できる看護って何かないかについてです。

いちばん影響を受けるのが環境の変化なので、ベッドサイドの環境整備は重要です。

例えばカレンダーや時計を置く、窓から景色が見えるようにするなどをするだけでも見当識が保たれます。

術後せん妄の記事でも書きましたけど、不要な物や不快なものは撤去するか目の見えにくいように工夫する。

術後せん妄に関する記事はこちら→せん妄予防のHELPは少ないけどエビデンスがベースだよ

生活のリズムについての配慮も重要です。

昼夜の明るさの調整、リハビリの早期介入(離床がせん妄予防になるのはエビデンスでも証明されているからです)テレビやラジオの視聴など。

せん妄を予防するための看護は、今後起こりうる可能性を推測して看護していくことからしていくことですね。

まとめ

せん妄についてどう看護対応していけばいいかは、きちんとせん妄になったきっかけを見つけてあげて一つでも促進因子を改善していくように継続的に介入することですね。

DELIRIUM(デリリウム)!覚えておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です