入院患者の食事量が少ないなと考えた時に何をしたら食べる量を増やせるかを考えてみた。

Pocket

入院患者の食事量が少ない時どうするのか?

新人看護師は毎日の忙しさにかまけて食事のことはないがしろになってしまいがちですよね。

私もそこまで気が回らないのが正直なところ。

ですが、食事に関しても広い視野を持って考えていかなければ成長しないと思う。

ってことで食事に対するアプローチについてです。

治療も大事だけど毎日の食事の量ってホント大事。

何も食べれなくても「点滴」でつなげば水分補給はもちろんのことカロリー、ミネラル、ビタミン類はある程度までならまかなえるわけです。

でもやっぱり経口摂取にはかなわないわけで。

出来るだけ食事から栄養素を摂っていく方が自然ですし、点滴だけだと嚥下機能の低下とか外敵からの抵抗力もなくなってきます。

医療者側の問題もあって、点滴でこと足りれば食堂にも行く必要がないので医療サイド手間もなくなり楽です。本人に対して注意も向きにくくなる状況ってのがでてくる。

結果、本人はほったらかされ筋力もどんどんなくなってきます。患者さんも楽したいので、自主的にはなかなか動かないです。

気付いたら動けなくなる自分に対して自責の念が生じてしまってヤル気も起きなくなってきますよね。そうなると、回復自体が長引いてきます。

日常生活に戻るためにリハビリ治療も時間がかかったり入院期間も長くなって経済的にも負担がかかってしまう。

何よりも残りの人生がもったいないです。

と言っても患者さんはそこまで考える余裕はないでしょうから医療者が意図的に導いていく必要があるのではと考えますよね。

で本題ですが、今なぜこの患者さんは、食事が摂れていないのかを考えます。

漠然と「この患者さん食事とれてね~なあ~」ではもったいないです。

せっかく気付いているのにその先の「何をしたらもっと食事が経口で摂れるんだろうか」ってことを考えねばなりません。

ではどう考えるかというと病態や症状に合わせて食事量は決まってくるので目標のカロリーは最低でも確保したいと考えます。

つまり、色々な食事形態がありますけどトータルカロリーを摂れるように献立を組んでいくことです。つまり捕食でトータルカロリーを補うことがポイントです。

みなさんもそうでしょうが、人って体調が悪くなると食欲って落ちますよね。

でも、何か食べた方がいいに決まっているってことは分かってるんです。

重要なのは捕食の効果

無理に食べられないから困っているわけで、となるとサラッと手軽にカロリーを補給できれば必要な栄養素ってのは簡単に経口から摂取できるはず。

そこで重要になってくるのが捕食の効果となるんですな。

捕食は少量で高カロリーであったり、不足している栄養素を選択できるというメリットがあります。

どんなものがあるかというと

クリミール・エンシュア・メイバランス・アイソカルHCゼリー・カロリープリン・プチゼリー・ヤクルト・ヨーグルトなど沢山あるんですわ。

それらをうまく組み合わせて提供していくと少ない量で目標カロリーがとれるんですね。

要は、目標カロリーをクリアすることを考慮することなんで患者さんの好みに合わせたり、好きな食べ物を追加して調整してもいいです。

今の嚥下機能のレベルを評価するのも大事

食事形態も色々ありまして常食・軟飯・全粥・きざみ食・とろみ食・ペースト食・ゼリー食・ソフト食・ハーフ食などがあります。

これらは嚥下機能に合わせて考慮されるものなので食欲低下に関してはさほど関係しません。

もちろん嚥下レベルから適切な形態ってのは選択していくので、この食事の形態が今この患者さんにとって適切かどうかはその都度評価しながら変えていく必要はありますね。

まとめ

目標カロリーを確保できるように捕食をうまく利用するってことを考えると、答えが見えやすいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です