ケーススタディの看護テーマの決め方はどうするの?【方法を解説】

ケーススタディ
Pocket

ケーススタディの看護テーマの決め方はどうするの?

【方法を解説】

看護師って病院に勤めてるといつかはケーススタディをしなければいけない時期が来ます。

僕も今年ケーススタディ担当になりました。

ついに来たかという気持ちになりましたが、決まってしまった以上は、悩んでる暇はありませんね。

ケーススタディの看護テーマを決めなければ前に進めませんので、早く看護テーマを決めたいけど、そもそもどうやって決めていいか全くわかりませんでした。

たぶん、僕みたいな気持ちになる人は多いと思います。

ケーススタディの看護テーマの決め方は?どうするの??

周りに聞いたり本を読んだりしても効率的な方法はなかなか書いてないし、誰も教えてくれる人はいないんですよね。

なので、ケーススタディの看護テーマの決め方で悩んでいる人に、僕の経験からですがケーススタディのテーマを決めていく方法手順を紹介しますので、参考にして頂けたらと思います。

色んなケーススタディの看護テーマに関する本や諸先輩から聞いたアドバイスも含めて、情報収集したので僕のケーススタディの看護テーマの決め方でよければお伝えしたいと思います。

最短で迷うこともなくサクッとテーマ決めが自然と決められて、なおかつ自分のレベルにあったムリのない看護テーマが決まると思います。

良かったら参考にしていただくとうれしいです。

この記事を読んで解決する内容は以下の通りです。

  1. ケーススタディの看護テーマを決める方法と手順が分かる
  2. 自分に合ったテーマの選定方法が分かる
  3. テーマを決める期間が分かる
  4. テーマを決めてしまえば計画が立てられることが分かる
  5. 参考になる書籍が分かる

では、さっそく見ていきましょう。

ケーススタディの看護テーマは文献検索から探す

文献

結論から言うと、ケーススタディの看護テーマを決める時にすることは「文献検索」です。

理由は簡単で、過去の先輩たちが何に疑問を持ってケーススタディに取り組んできたかを実際に読んでいった方がイメージしやすいからですね。

よく聞くのは、ケーススタディの看護のテーマは「普段の何気ない問題や疑問からピックアップしていく」とか、当たり前に行っている「看護行為が本当に正しいのか?」の疑いを持つことが看護テーマのネタになると言います。

でも、実際仕事の中でアンテナを張っていたとしても、「これだ!」っていう場面やシチュエーションは滅多にないですし、そもそも日々の業務に精一杯でそんなアンテナとか張ってる余裕なんてないですよね。

気付かなければいくら時間があってもテーマは決められませんし、見つかったとしてもそのテーマでいいかどうかの判断はできません。

しかも、「これだ!」と感じたテーマがすべてにおいて看護のテーマに当てはまる保証もないんですね。

ハッキリ言って、ムリゲーだと思います。

たぶん、ケーススタディをすることになった時、ほとんどの人が学生の頃にちょっとしたかもしれませんが、それ以来ケーススタディに関してはしてきてないと思います。

僕もその一人で、どっちかというと看護学生の時もろくにケーススタディをしてきたという記憶がありません。

僕の場合は、看護学校は通信で授業を受けてたので実習は各領域に2日間ずつしか行きませんでしたし、ケーススタディができる環境ではなかっと思います。

そんな状況で、いきなりケーススタディやることになってもお手上げ状態になるのが普通ですからね。

なので、ケーススタディの看護テーマを効率よくムダを避けるために決め方の方法と手順をご紹介していきたいと思います。

文献の検索の手順

簡単にケーススタディの看護のテーマを決める時の手順を説明しておきます。

これをシステマチックにしていけば、それなりにどんなテーマにしたいのか、また自分に合ったレベルでのテーマ探しができるので無駄がないのではと思います。

僕も、実際この文献を検索する方法で、自然にテーマを決めることができましたし、何を看護として取り組んでいけばいいか具体的な内容が分かります。

ケーススタディの看護テーマの手順は以下の通りです

1.今いる病棟の入院してくる患者さんの疾患や病態の特徴をザックリイメージします。

つまり、ケースもある の対象となる患者さんが入院してこないと症例発表にならないからですね。例えば、「入院してくる多い疾患は何か?」「今後、入院してくる疾患や病態を予測的に考えます」

2.自分の中で興味がある、もしくは嫌じゃない科をしぼる。

特に無ければ一番多く入院してくる疾患や科目をとりあえず決めてもいいと思います。

3.疾患名やそれに関係するキーワードをいくつかピックアップします。

例えば「慢性心不全・退院支援・再入院」とか「呼吸器・看護ケア・呼吸困難」とか最初は適当に思いつくままキーワードを考えます。

4.文献検索のサイトへ登録をします。

J-STAGEは登録すれば無料で文献検索ができます。お金に余裕があるならば医学中央雑誌(医中誌)の登録をして文献検索環境を整えます。

5.登録したらキーワードを入力して文献検索をします。

6.気になる文献を出来るだけ多読して取捨選択していきます。

出来るだけキーワードを入力して、色んな切り口から文献検索したものを読んでいくと自然と看護テーマが浮き彫りになってきます。

 

以上のような手順で文献検索していくと、おのずとケーススタディの看護にしたいテーマがブラッシュアップされてきますので、無理なく効率的に決まります。

しかも、自分の出来そうなテーマに近いものが見つかるので、具体的な内容もイメージしやすいですね。

もう一度おさらいすると以下の手順です。

  1. 今いる病棟の入院してくる特徴をザックリイメージします。
  2. 自分の中で興味がある、もしくは嫌じゃない科を決めます。
  3. キーワードをいくつかピックアップします。
  4. 文献検索の登録をします。
  5. 登録したらキーワードを入力して文献検索をします。
  6. 気になる文献を出来るだけ多読して取捨選択していきます。

 

文献検索をするためには無料の検索サイトへの登録をおススメしますが、出来れば医中誌のような有料の検索サイトにも登録すると、より広範囲の検索ができるのでおススメではあります。

医中誌のサイトへの登録は月額2000円できるんですが、その月に解約してしまえば課金されないので基本、その月の間だけなら無料で検索できます。

今回ケーススタディを乗り切るために、一旦登録しておいて文献を検索しまくってテーマが決まれば解約するのも方法の一つだと思いますよ。

でも、一つ注意点として、次回また文献検索で利用するときは、2回目の登録になるので初月から額料金2000円が発生してしまうので、自己責任のもとで行ってください。

 

病棟で出来そうな文献を自分に合ったテーマで見つけられる

テーマ

ケーススタディのテーマ決めの手順をお伝えしましたが、自分のレベルにあったテーマでなければ、意味がありません。

つまり、自分が挑戦できそうなテーマか、難しいけどどうしてもやってみたいというテーマでない限り漠然とテーマと決めるのは危険ですね。

その後の活動に大きく負担がかかってくる可能性があります。

効率的にケーススタディを進めるには、最初に段階から計画を組み立てながらテーマを決めると精神的にも労力的にも楽です。

僕も、まったく知識がなかったり、興味のないものをテーマにしてしまうとモチベーションが上がらない状況がありましたので、文献を探しながら「自分でもできそうな内容かな?」だったり「簡単そうだなあ~」という肌感覚で探すのが一番しっくりきました。

僕の場合だと、文献の数はだいたい20部数ぐらいは読んで決まった感じですね。

個人差はあると思いますが、読めば読むほど整理されて精査されると感じたので、気になるキーワードをなるべく入力して読んでみるのをお勧めします。

 

キーワードからテーマを決める

では、どうしてキーワードからテーマを決めていくのかと言うと、文献探しが簡単だからですね。

今の検索は全てデータ化されているので、検索をかけることで自分の欲しい文献が見れるようになっているのがシステム上のルールになっています。

なので、ザックリした領域科目を決めてしまえば、あとは気になるキーワードを入力してしまえば、検索で対象になる文献がサジェストされるので、それをどんどん拾い読みしていけばいいわけです。

実際に、キーワードをいくつか入力して文献を探していくと自分にしっくりくるワードや良い感じの文献がでてきます。

このやり方 をやってみて最初は文献の多さや、絞るためのキーワードの入力に戸惑ったりしますけど、すぐになれますから安心してください。

 

最初のテーマ決めが決まれば後は内容を落とし込むだけ

文献作成

気になる文献を多読していくとテーマが決まってきます。

そうなると次はそのテーマで何を看護介入していったり、計画していけばいいかの問題が出てきますが、過去の文献の中に何をやってきたかの内容や行動が書かれているので、それをピックアップして計画書に落とし込めば大丈夫です。

テーマが決まってから問題になるのは、「テーマは決まったけど何をしていけばいいの?」ってことだと思います。

つまり、自分の考えをどう看護に発展させて行動に移していくかっていう作業が難しいと思います。

それは、結局自分で考えなければいけないし、先輩も相談には乗ってくれるけど決めるのは自分だからですね。

結局、何をしていいか分からないっていう悶々とした気持ちになって前に進めなくなるんです。

当たり前の話ですが、先輩たちも所詮他人事なので、親身になって考えてくれる方も中にはいらっしゃいますが、それがかえって自分の負担を大きくさせてしまったり、キャパシティーをこえることになりかねないからです。

僕も、いろんな人に相談しましたがテーマ決めから色んなテーマが提案されます。

「こういうのはどうかな?」「ああいうのはどうかな?」「こんなのもいいかもしれないね」とか言われても混乱するばかりでした。

言うのは簡単だけど、やるのは自分なので提案してもらえるのはありがたいですが、選択肢が多くなりすぎると訳が分からなくなります。

テーマは1カ月かけてじっくり決めよう

でも、中には早く決めないと今後に響いてくるしそんな文献を多読するなんて、時間がもったいない。

とりあえず看護テーマを決めてからやりながらできることをしていけばいいんじゃないかと思われる方もいると思います。

でもそれは間違っています。

とりあえず雰囲気で決めてしまった時に後から軌道修正が利かなくなるっていうことをよく耳にしませんか?

ケーススタディとか看護研究は長期的な計画が物を言います。

最初の段階で、ある程度内容や文体も含めて決定していけることは、決めていった方が楽です。

つまり、テーマ決めとともに内容やアウトラインも決めていくってことですね。

計画書を作成するうえで内容やアウトラインを決めてしまうことで、ぶれが無くなります。進めるうちに結果がちがうことになってもそれはケーススタディの結論として帳尻が合わせられるからです。

なので、テーマを決めるということは、その内容やアウトラインもおのずと決まってくるので焦る必要はないってことですね。

テーマが決まったら行動計画書に当てはめればいい

計画

繰り返しになりますが、テーマが決まればやることも見えてるはずです。

なぜなら答えは過去の読んできた文献の中に書かれているからです。

その中で最も最適だと感じる内容を行動計画書に落とし込んでいけば、スケジュールは完成したも過言ではないです。

後はテーマに則した患者さんが、入院してきたらすぐに介入できます。

計画に沿って行動に移していくだけですからね。

この時に、多少テーマからズレた患者さんが入院してきても大丈夫です。

個別的に行動計画書は立っているからです。

担当になった患者さんがあらたな問題を抱えていたとしても、それを取り入れるか排除して進めるかは自分次第になりますので、調整できる範囲でおさまるはずです。

どうしてそこまで自信が持てるのかというと、文献をその分野について読んでいることでバリエーションの知識も増えているっていうことがあります。

過去の文献には実際の患者さんの個別性にフォーカスした内容なため、ベースは一緒でも患者さんが抱えている背景は違うからですね。

また、本質的なぶれは変わっていないわけですから、計画書通りに進めるだけです。

過去文献から看護介入をピックアップする

文献を多読していくと、色んな方向からの看護介入があるんだということが分かります。

でもその中でどれを取り入れるかは自分のやり易いようにしていいと思います。

「この文献のココとあの文献のココの部分を組み合わせてみようかな」でもいいと思います。

文献からピックアップして自分流にオリジナリティーを発揮できる部分なので、そこは自由に、できる範囲で取り組んでいくと面白いと思います。

参考になる書籍の紹介

参考になる書籍としてお勧めできるのは以下の2冊でいいと思います。でも正直文献検索からテーマを決めていく方が効率的ですので、どうしてもテーマ決めの参考にしてみたいという方や、今後発表の仕方などケーススタディを通して必要な基礎知識や内容、知っておくと便利なことが書いてあるのがいいかもしれないと考えた時におススメできる本は以下の冊でいいと思います。

「はじめて学ぶ ケーススタディ~書き方のキホンから発表のコツまで~」総合医学社

「看護のためのわかりやすい ケーススタディの進め方」照林社

まとめ

ケーススタディの看護テーマをいかに効率的に決定するかでその後のケーススタディの進捗にも影響してくるので是非参考にして頂くとうれしいです。

  1. 今いる病棟の入院してくる特徴をザックリイメージします。
  2. 自分の中で興味がある、もしくは嫌じゃない科を決めます。
  3. キーワードをいくつかピックアップします。
  4. 文献検索の登録をします。
  5. 登録したらキーワードを入力して文献検索をします。
  6. 気になる文献を出来るだけ多読して取捨選択していきます。

全ては文献検索でこと足ります。

看護テーマの選定からその内容も何をしていけばいいのかも答えが見えてくると思います。

肝心なのは最初のテーマ決めとその計画をあるていど決めておくということです。

それが決まれば、ぶれることもなく計画的にケーススタディの準備が進められると思うので、参考にして頂けるとうれしいです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です