認知症の検査は改訂長谷川式知能評価スケールだけでOK【看護の考え方】


投稿日:2019-02-16 更新日:2020-07-05

認知症かどうかを診断するための検査と種類はいくつかあります。

でも、実際よくする検査は決まっていて

頭部CTと改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)

この2つで認知症かどうかの診断をします。

これ以外にもいくつか検査はあるんだけど、ほとんどしないですね。

しないというか、頭部CTと長谷川簡易知能検査で事足りるからですね。

その理由とか考え方について書いてみます。

  1. よくする認知症の検査とその理由について
  2. 認知症診断のための検査の種類をザックリ解説

では、みていきましょう!

認知症の検査がルーチンで決まっている理由は「手軽さ」に尽きます

認知症の診断はどうやってするのか?ですけど。

検査ですね。

ほぼどの病院でもそうだと思うんですけど、

認知症を疑ったら

  • 改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDSーR)
  • 頭部CT検査

この2つです。

取り急ぎスピーディーにすぐできるのはHDSーRです。

考えとしては、問診で認知症の評価を数値化した上で頭部CT検査をするかどうかを決める感じですね。

極端なはなし、長谷川知能評価だけで済ませる時もよくあります。

そのほかのもいくつか認知症の検査って種類はあるんですけど、ほぼみたことないですね。

その理由は、手軽でカンタンだから!

検査がカンタンで、いつでもどこでもで手軽にできるからです。

たとえば、先生からの指示がもらえればベッドサイドに行って直接すぐにできるからです。

もう1つは、会話形式で完了する検査の簡易さということも挙げられます。

検査の種類によっては、本人に書いてもらったりする作業の検査もあるんですけど

長谷川式簡易知能評価スケールは、問診形式なのでカンタンなんですね。

答えられるか、られないかで認知症の評価ができる。

なので、よく使われます。

頭部CTは、医学的根拠がいるかどうかで検査することがほとんどではなかなーと思います。

まれに比較するために検査しておくという考えもありますけどね。

頭部CTがチョイスされるのも、比較的カンタンというのが理由にあります。

MRIの方が鮮明でより脳の状態が判断できると思いますけど、時間がかかるし検査のための必要な書類とか同意書などが必要になってくるのと

患者さんの認識で検査が困難なことがあるんですね。

たとえば

「じっとしてくれない」

「注意事項を守れない」

しっかりした人なら検査の意味を理解した上で、検査できるから問題なく終わるけど

認知症はこれが難しい。

なので、画像検査は早く済むCTがチョイスされます。

認知症の検査では手軽さが大事になるんですね。

そのほかの認知症検査の種類4つ

では、認知症のための検査の種類は何があるのかについてです。

4つあって以下の通りです。

  • 記憶力を見る・・・ミニ・メンタル・・ステイト・エグザミネーション(MMSE)、改訂長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)。
  • 注意力を見る・・・トレイルメイキングテスト(2枚の紙上に書いてある文字、数字を線でつなぎ、その速度から同時に物事を進める能力を見るテストです。)
  • 言語力を見る・・・くだもの、動物などの単語を出来るだけたくさん言い、どのくらいの数の単語が言えるかを調べるテスト。
  • 視空間能力・・・A4用紙に、時計の文字盤、数字、長針、短針を書いて10時10分の状態を完成させるテスト。

これらの特徴として行われにくい理由はさっきも書きましたけど、

患者さんに書き物をしてもらわなければいけないというアクションが入っているからですね。

ひとつ言語力を見るテストは何も道具はいらないけど

認知症の全体的評価としては不十分なので、プラスで取り組むイメージのテストです。

いずれにしろ全体的に安定した評価ができるのは改訂長谷川式簡易知能評価スケールになるんですね。

時間的に10〜15分ぐらいでできるし

病棟では医師の指示のもと行う検査なので、改訂長谷川式簡易知能評価スケールは主にリハビリスタッフが評価しています。

そんなこともあってか看護師は、検査内容に関してザックリとしか把握してないのが現状ですけど詳しく知る必要もないです。

理由は、数値で認知症の評価をするので

「20点以下であれば認知症と考えて良い」ってことを知っていれば問題ないです。

注意点としては、点数は固定ではなく変動するんだということですね。

入院時と入院中、退院前とでは評価しても点数は違ってきたり、実際は認知じゃないけど環境とか病気の影響で検査の問診に答えられないケースとかがある。

何が言いたいかというと

その都度観察で評価していく必要があるということを、片隅に入れとば良いんではないでしょうか。

認知症の画像検査は3つ

  • 頭部CT、MRI・・・アルツハイマー型認知症の人で、ある程度進行していると、脳の海馬が萎縮している様子が画像で分かります。
  • SPECT・・・脳の血流低下があるか、あればその部位の状態を見ます。
  • PET・・・ブドウ糖に似た弱い放射性物質を静脈に注射して、脳のブドウ糖利用状態を調べ、脳の活動状態を見ます。

患者さんが認知症かどうかは、会話や入院時の態度・行動などでだいたい判断ができることがあります。

ただ、場合によっては確かに微妙な時があるので、そんな時はHDSーRの出番です。

あとは、入院時はしっかりしていても徐々に認知症症状が現れる患者さんも往々にいますので、経過を見ていくのは重要だと感じますね。

いずれにしろ、画像検査も手軽さが肝心なので「必要であればするんだね〜」

って認識で良いと思いますけどね。

認知症理解のために脳の機能を部位別に覚えておく方が良いのか?

ここでは認知機能の理解のために脳の機能と場所について書いていきますので、参考にしてみて下さい。

結論から言うと、あまり役には立たないと感じます。

ザックリで良いんで、海馬が萎縮するとか大脳皮質全体の萎縮が認知症を進行させるというイメージでいいと思います。

  • 前頭葉・・・思考、判断、行動、言語(話す、書くなど)、物事に向き合う意欲などを司どっています。
  • 頭頂葉・・・触れたもの、温度などを感じる役割を担います。
  • 後頭葉・・・資格情報を受け持っています。
  • 側頭葉・・・聴覚、臭覚、おいしい、面白いなどの感情や、情報などを調整する役割があります。
  • 海馬・・・記憶に関する司令塔です。見たり聞いたりしたことを覚えていられるのは、この海馬の働きによるものです。進行しているアルツハイマー型認知症の患者さんは、この部位の萎縮が見られるんです。
  • 扁桃体・・・恐怖心、不安、好き嫌いなど、感情的な要素を司どっています。海馬の近くにあって、常に情報をやり取りしています。

まとめ

はい、最後にまとめます。

  1. 認知症の検査が改訂長谷川式簡易知能検査スケールで事足りる理由はカンタンで手軽だから。
  2. 科学的根拠が必要な時だけ画像検査を撮るんだということ

認知症患者さんかどうかの診断には、認知機能検査や画像検査によって医学的には行われれますが、実際は問診である程度認知症かどうかは容易に判断できますね。

しかし、認知症の患者さんは高齢者が多く、入院による環境の変化などに対応できないことも多いので、認知面がしっかりしていると思えても、入院生活の中で経過観察をしながら認知面のサポートや介入をしていく必要はありますね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
※※認知症ケア専門士1次試験対策e-ラーニング講座※※

インターネット環境があれば、PC・スマホ・タブレットなどの各種端末からいつでも・どこにいても1次試験の試験対策をスキマ時間に学習できます。

公式テキストの内容をに完全に網羅している教材で、試験に合格できる内容を余す所なく収録しております
そして内容は、難解な試験内容をわかりやすく説明・解説しています。

好きな時間に視聴できるため、仕事と学習の両立が可能となり、無理なくレベルアップがはかれる講座です。
https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3BI6CA+XCANM+4056+BXB8Z
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です