GI療法はカリウム値を下げるための治療法【分かり易く解説します】

Pocket

シリンジGI療法はカリウム値を下げるのが目的。早急な処置で選択されるその効果

病棟で働きだすと高カリウム血症の患者さんを時々見ることがあります。

私もそうなんですが最初のころ、GI療法について全く知らなかったものですからGI療法は血糖値をコントロールするための治療法だとばかり思っていました。

私と同じような間違いや勘違いを持っている方は意外と多いんではないかと思うので、GI療法について分かり易く解説していきますので、GI療法のその効果について知りたい方は読んでみて理解を深めて頂けたらと思います。

GI療法とは、どんな効果があるのか?【分かり易く解説】

GI療法とは、グルコースとインシュリンのそれぞれ頭文字を取って「GI」と呼びます。

ブドウ糖(グルコース)は血糖値を上げる働きがあり、インシュリンは血糖値を下げる働きがあります。

ブドウ糖とインシュリンを同時に投与することによりカリウム値を下げるという効果があります。

なんか、ブドウ糖とかインスリンとかについて書かれているので、血糖コントロールについての治療法かと勘違いするところですが、まったくもって血糖値とは関係ありません。

ではなぜ紛らわしい話になっているかと言いますと、

ブドウ糖は細胞内に取り込まれるときに、カリウムも一緒に取り込まれるという特性を持っているんですけど、この働きを利用して血漿中のカリウム値を下げようという考えがGI療法です。

勘違いされやすいのは、「GI」てグルコース・インシュリンついてるから血糖コントロールのために行われる治療なんじゃないの?

と、受け取ってしまうために誤解が生じて名前の印象から勘違いが生じてしまうのだと思います。

私は最初そう思っていましたので勘違いしないように調べるって大事ってことがわかりました。

つまり、「GI療法」とは、高カリウム血症を下げるための治療です。

まあ、GI療法をすると言われたら、カリウムが高くてちょっと早めにカリウムを下げないと命に関わってくるかもと考えた方がいい。

その理由は、血液中のカリウム値は一定に保たれているんですが高くなってくると不整脈などの合併症を引き起こすことが分かっているからですね。

つまり、高カリウム血症は放っておくと危険ということを理解する必要があります。

詳しくは後で分かり易く解説していきます。water

GI療法後のカリウム排出にはどんな治療があるの?

ただ、早くカリウムを下げるのが目的ではあるけど、GI療法てのはカリウムを一時的に細胞内に移動させて下げているだけの救急処置でしかないんですね。

つまり、血液データ上カリウム値が下がったとしても安心できるわけではなくて、その後、カリウムを体内から外に出すという適切な治療方法が必要になってきます。

カリウムはそのほとんどが尿から排出されます。

患者さんの全身状態からそれなりの方法をチョイスしていくんですが、方法は色々あります。

カリウムを吸着させて体外へ出す吸着性レジンの投与。

レジンとは樹脂のことでカリウムを樹脂(レンジ)に吸着させて出すということですね。

カリメート注腸・・・カリメートを注射器で肛門から挿肛して便を排出させる方法です。

腸管内に1時間ほどカリメートを放置することで、カリウムを便とを一緒にださせる効果がある。

アーガメイトゼリー・・・アーガメイトゼリーを食事などに提供して捕食として摂取してもらいます。

腸管内の過剰となったカリウムを体外に排泄する働きがある。

透析療法・・・透析療法によって血液のカリウム濃度を調整する。

高カリウム血症の治療の流れを知っておきましょう

高カリウム血症の治療の流れとしては、まず心毒性による危険を回避する治療を行いカリウムを下げます。

→下がって来たら体外へ排出するような治療に切り替えて高カリウム血症となった原因病態を明らかにする。

→食事からのカリウム食の制限や排出するための補助で治療していくというのが大きな流れになりますね。

高カリウム血症患者の何を看護していけばいいの?

高カリウム血症濃度の基準値は分かりやすく言うと5mEq/Lを超えないというのを押さえておけばいいと思います。

ただカリウム値が6.5mEq/Lを超えてくると致死的不整脈が出現するリスクが高くなるので注意が必要です。

おそらくその前にモニター心電図でモニタリンすると思うので異常波形に注意しておくことです。

カリウム値が7mEq/L超えても不整脈が出現しない患者もいるみたいですからね。

症状は不整脈・嘔気・嘔吐・しびれなどですが、とくに不整脈には要注意です。

あと、倦怠感、食欲減退、筋力低下、多尿の訴えがある時は高カリウム血症かもしれない?って疑ってみるとか。

でもこのような症状は、いろんな病気で起こりうる症状なのでなかなか気付くのが難しいところではあります。高齢者ならなおさらなんですけどね。

また、高カリウム血症は、よく血液検査から見つかるケースが多いので血液データの過去からの推移とかでチェックしとくのも損はないかと思います。

病棟患者さんではよくカリウムが上がるとか下がるとか結構頻繁に遭遇する症例なので、GI療法だ!ってなった時は参考までに思いだしてみて下さい。

以上、「GI療法はカリウム値を下げるための治療法【分かり易く解説します】」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です