インクレチン作用とDPP-4阻害薬のポイントを解説【薬の一覧あり】

投稿日:2019-3-14  更新日:2020-03-24

日本人に最も最適ではないかと言われているDPP-4阻害薬について、分かりやすく解説していきますね。

DPP-4阻害薬は、日本人にとっても相性がいいと言われています。

この記事では、その理由と使い分けを伝え説明していきます。

  1. そもそもDPPー4阻害薬を理解するためにインクレチンの作用を説明します
  2. DPP-4阻害薬の使い分けについてポイントをお伝えします。
  3. DPP–4阻害薬の作用と副作用をカンタンに説明します。

ではさっそくみていきますね。

DPP-4とはインクレチンの作用を消す酵素のことを言う

まず、インクレチンの作用ということで、ホルモンについて解説しないとDPPー4の理解がしにくいので、ごくカンタンに説明してみますね。

インクレチンとは、食事を摂取すると消化管から分泌されるホルモンのことを言います。

膵臓にある膵β細胞膜というとこにある受容体に結合して、インスリンの分泌を促す働きがある。

というのがインクレチンの作用です。

つまり、インクレチンが分泌されると血糖値は下がります。

このことだけ理解していればだインクレチンの作用について覚えることはないです。

ちょっと具体例を言うと、

例えば、ご飯を食べると血糖値が上がると同時にインクレチンが分泌されるので、血糖値が下げられるという状態が起こります。

インクレチンの作用には、2つの種類がありまして、GIPってやつとGLP1。

食事を食べると消化管からインクレチンが分泌されて、GIPとGLP1の2つで血糖値を下げてくれることになるんですね。

以上が、インクレチンについての説明になります。

では、「DPP-4ってなんだ?」というと

分解酵素のことです。

カンタンにいうと、インクレチンを分解して無能状態にしてしまうヤツがdpp-4ですね。

下記の図にちょうどいいのがありましたので、参考にしてみて下さい。

参考画像元:https://www.diabetes.co.jp/dac/coexistence/dpp4

図を見てみると、結論は血糖値を下げる機序が書かれていますね。

dpp-4はインクレチンを無能にするので、「血糖値が下がりません。

という状態になります。

人に体には、血糖値が下がらないようにする機能が他にもたくさん備わっています。

その理由は、低血糖になると生命に危険を及ぼすからですね。

なので、血糖を下げる機能はインスリンだけなのに対して、血糖を下げさせないようにする機能が人の体には複数備わっているわけです。

その一つがDPPー4の存在になります。

低血糖になりすぎないようにDPP-4がインクレチンを分解して血糖値を上げようとする防御反応と思っていいです。

というのも、大昔は食べ物がないのが当たり前で、飢えと隣り合わせの生活が基本だったし、飢えを凌いで生きてきたので人類の進化の過程で血糖を上げようとする機能が備わっていったという歴史的背景があります。

話を戻しますね。

ちょっと難しいと思いますが、ちゃんと解説すると以下のような感じです。

素直に下げさせないようにジぺプチジルペプチダーゼ-4(つまりDPP-4のこと)という酵素が働き、インクレチンをすぐさま分解しちゃって、血糖値を下げる効果を無くしてしまう。

つまり、DPP-4阻害薬はDPP-4を阻害するから血漿中のインクレチンは分解されないので、インスリンの分泌が促されて血糖値が下がるというメカニズムとなっています。

インクレチンを分解させないメリット3つ

DPPー4を阻害すると血糖を下げる以外にもメリットがありますので、まとめてみますね。

  1. インスリンを分泌する(血糖が下がる)
  2. GIPにおいては骨形成の促進作用が期待される
  3. GLP-1はグルカゴン分泌抑制、胃排泄遅延作用、食欲抑制作用心保護作用、神経保護作用など

3つ目の下線部分のメリットについては、別の記事にくわしく解説しているのでリンクを載せておきますね。

参考にしてみてください。⬇️

DPPー4阻害薬の飲み方の使い分けと薬の一覧を紹介

DPP-4阻害薬は以下のような飲み方の使い分けがあります。

  • 1日1回
  • 1週間に1回

上記の服用が使い分けで選択できます。

1日1回の服用でいい薬

シタグリプチンリン酸塩水和物(シャヌビア、グラクティブ)ビルダグリプチン(エクア)、アログリプチン安息香酸塩(ネシーナ)、リナグリプチン(トラゼンタ)、テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物(テネリア)、アナグリプチン(スイニー)サキサグリプチン水和物(オングリザ)

1週間に1回の服用でいい薬

オマリグリプチンン(マリゼブ)、トレラグリプチンコハク酸塩(ザファテック)があります。

主流としては、1日/1回がほぼほぼだという印象ですね。

1週間/1回は、僕はまだ飲んでる人は見たことないです。

DPP-4阻害薬の効果と注意点は?

DPP-4阻害薬を服用して効果が出やすいタイプがあります。

下記3つですね。

  • 食事療法や運動療法で高血糖のコントロールが難しい2型糖尿病でHbA1cが比較的高い患者
  • 血糖コントロール改善に際して体重が増加する患者
  • 心血管イベントを持つ患者

特に高齢で腎機能が低下している患者さんには、用量調節や胆汁排泄型の薬を選択することで安全に使用できます。

胆汁排泄型のDPPー4阻害薬があって、トラゼンタがこれに当たります。

トラゼンタの作用について少し解説してみますね。

胆汁排泄型と言って、普通は腎臓から排泄されるのに対して便中から排泄される経緯を取るので腎臓が悪い人でも適応できるのがトラゼンタです。

一方、DPP-4阻害薬の使用を注意したい患者は以下の通りです。

  • 食事療法や運動療法で血糖コントロールが難しい2型糖尿病患者でHbA1cが持続して高く、インスリン分泌はあるが糖毒性のある患者
  • スルホニル尿素(SU)薬を高量用服用している患者

また、上記患者でも効果が出てきても、日常の食事で脂質の摂取量が多い患者さんには効果が弱まるので注意が必要です。

糖毒性
(とうどくせい)

血液中のブドウ糖の濃度が高くなる高血糖が続くことで生じる毒性のことです。ブドウ糖は細胞のエネルギー源となる大切な物質ですが、タンパク質を変質させる毒性を持っています。高血糖が続くと、さまざまな細胞のタンパク質にブドウ糖が結合して変質させ、膵臓(すいぞう)でもインスリンを分泌する細胞の働きが低下したりインスリンの効きが悪くなったりするなどの障害が起こります。

参考引用先:https://minds.jcqhc.or.jp/n/pub/10/pub0004/T0005249

スルホニルに関する記事も合わせて見ていただけると、より理解が深まると思いますので、リンクを貼ってますね⬇️

スルホニル尿素薬の薬は下記があります。

・アマリール(一般名:グリメピリド)

・オイグルコン/ダニオール(一般名:グリペンクラミド)

・グリミクロン/グリミクロンH(一般名:グリクラジド)

DPP-4阻害薬を服用して起こる副作用は?

高用量のSU薬と併用している患者さんは、重症低血糖が起こる可能性があるので注意が必要です。

ですので、高齢者や腎機能障害患者も含めてSU薬の量の調節を考える必要がありますね。

後は、重症ケトーシス、高血糖性の昏睡または前昏睡、1型糖尿病患者、重症感染症、手術前後、重篤な外傷のある患者、高度の腎機能障害患者または透析中の末期腎不全患者、妊娠・授乳婦、皮疹などDPP-4阻害薬の成分に対して過敏症の既往歴のある患者などは禁忌です。

DPP-4阻害薬の服用に関するポイントは?

DPP-4阻害薬は食事に影響を受けないので、食前でも食後でも服用は飲んで大丈夫です。

基本的には、1日1回の服用でDPP-4阻害率は80%を保ちます。

1週間に1回の薬でも阻害率は80%以上保ちますのでめんどくさい人には嬉しいですよね。

ただ飲み忘れに注意しないといけませんが・・・

飲み忘れたときは、1日1回どのタイミングでも大丈夫ですが、なるべく時間間隔を意識して服用を心がけます。あんまり時間間隔が近い時はスキップすることもあるようです。

シックデイの時はどうするの?

血糖依存的にインスリン分泌を促すために、基本的に中止はしません

でも、シックデイで食事量が半分以下になるようであれば中止したほうがいいです。

とくにSU薬を服用している患者さんには低血糖の可能性もあるので、無理に服用する必要はありません。

まとめ

日本人に向いていると言われているDPP-4阻害薬について書いていきました。

あらためて、まとめると以下になります。

  • インクレチンの作用は、血糖値を下げる
  • DPP-4阻害薬の飲み方は1日1回と1W1回の2種類ある
  • SU薬の併用には、低血糖に注意

低血糖を起こしやすいのでその分血糖値の変動が大きいということが言えますから、血管系の障害を引き起こすリスクも高いことになります。

1日1回とか1週間に1回の服用でいいのは魅力的ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です