血糖の変動が認知症になるリスクを高める理由

sugar
Pocket

認知症の原因は糖尿病になるのか?

こんにちは、コーヒー大好きナースマンネイです。

より良い生活を送るには認知症はなりたくないなと思いながら日々を送っております。

今回は、糖尿病が認知症に及ぼす影響について書いていきます。

超高齢化のピークが2025年問題としてクローズアップされてきていますね。今まさに日本は人口が減少してきてるそんな状況で65歳以上の高齢者が2025年には3600万人を優に超える推定です。

認知症の患者さんに目を向けると、2025年には日常生活に支障をきたす認知症患者さんは470万人を超え、軽症を含めると1200万人に。にもなると言われています。個人的にはもっといると思うぐらいごく軽症の認知症は、周りが気付いていないことがほとんどなんですよね。

日本の人口は将来8000万人まで減少する可能性が高く、それを考えると人口の半分に迫る高齢者の数が溢れることになるわけです。

色んな情報を精査すると認知症の患者さんは10人に1人の割合で居ることになり、これは子供のの数と同じくらい認知症の数もいるというのが大方の見方になっているようですね。

つまり、これから認知症についてもっと知っておかなければ、今後認知症の患者さんの急激な増加にどう対応していけばいいのか分からなくなります。人は知らないことに対してものすごく恐怖を感じるからですね。混乱をきたしてしまう可能性が高いわけですよ。

どうして認知症になるのか?

どうして認知症になるのかっていう問題はいまだに解明されていないわけなんですが、認知症になっていくいくつかの可能性ていうのは分かっていますので、そのことについて書いていきます。

まず、特定の遺伝子のタイプを持つ人が若年から認知症になりやすいということが分かっています。遺伝子の問題なのでどのように予防していけばいいのかははっきり分かっていませんが、最近、生活習慣や生活習慣病と認知症の関係も注目されていますね。

脳の器質的な障害から認知症になることは昔から分かっておりまして、大きく分けてアルツハイマー型認知症、脳血管性認知症、レビー小体型認知症などに分類されます。

アルツハイマー型認知症は全体の60%を占めていて、現在患者数もどんどん増えてきている状況ですね。アルツハイマー型認知症は、脳の中にアミロイドβたんぱくが蓄積するのが原因と言われています。

しかし、アミロイドβが蓄積しているからと言って誰もが認知症になるわけでもないため、ホントなのかははっきり解明されてもいないんですけどね。

認知症になる原因ははっきりしてないこともまだまだあるんですが、生活習慣病と強く関係しているとの考えが強く、肥満や、高血圧、高脂血症、喫煙なんかを習慣化している人は認知症になるリスクが高いと言われています。

糖尿病で認知症になるリスクが高い理由は?

糖尿病が認知症になりやすいってことはいくつか理由があるんですがそれを紹介します。

  • 脳はグルコースを栄養源としており、糖尿病では脳がうまくグルコースを利用できないため
  • 脳の血管が障害され血流が十分に脳に行き渡らない
  • 糖尿病があるとアミロイドβたんぱくが蓄積しやすくなる
  • インスリンは脳の機能に重要だが糖尿病の場合は脳でインスリンの作用が十分に発揮できない
  • 糖尿病で増加する酸化ストレスや炎症の増加が関連している

上記のような事が長い間、晒されることで少しずつ認知症が発症させるのではないかと考えられています。どちらにしろ糖尿病は将来的に、認知症になる原因の一つになっているという考えが強くあるのは否めないところではあります。

認知症の前段階に出るという軽度認知障害(MCI)って何?

認知症は、様々な症状を表出してきますが単に物忘れが症状ではないです。脳の機能が損なわれ、一人で生活が困難になってしまった状態なんですが、健康だった時から少しずつ認知症の症状が出始めるその前段階の症状を、MCI(mind cognitive impairment)軽度認知障害といいます。

主だった症状は物忘れです。例えば以下のような事

  • 薬をきちんと内服できない
  • お金が管理できない
  • 買い物を一人でできない
  • 料理・かたずけ・車の運転などのミスが多くなった
  • 電話の相手や食事内容など、ついさっきやったことが思い出せない など

物忘れの症状に早期から気づくことで、早期から認知症の治療を開始できるのがメリットです。そのためには、本人だけじゃなく家族や周囲の人達がきづいてあげることが重要ですね。

早期の治療であれば、認知症の治療も効果が高いことが分かっているので、何か普段とおかしいなとか様子が変だなとか感じたときはこの軽度認知障害MCIを念頭に入れておくのがいいかもしれませんね。

まとめ

臨床で接している糖尿病患者さんの中には、会話のつじつまがかみ合わなかったり突然突拍子のないないことを言われたり、物忘れがあったりされる方が多い印象は受けます。しかし、糖尿病の人が必ずしも認知症に発展してしまうかというデータはあまり見当たらないんですね。どちらかというと低血糖状態を何度も経験している患者さんの方が、実は脳の機能的なところで認知症の発症に強くかかわっているのではないかと個人的には考えるのですが。

つまり、糖尿病の有無というよりも血糖値の日内変動の激しい方が徐々に脳機能に悪い影響を与えてしまって、認知症の症状を引き起こしやすくなるのではないかと考えてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です