症状からレビー小体型認知症かを判断する方法は?

Pocket

Old peopleレビー小体型認知症の原因と症状について分かると診断できる

認知症について出来るだけ分かりやすく簡単に解説していきます。今回はレビー正体型認知症についてその症状や特徴など、原因を知っておくとレビー小体型認知症かどうかの判断がある程度できるようになるので、知りたいという方は読んでみて下さい。

レビー小体型認知症とその原因は?

レビー小体型認知症(dementia with Lewy bodies:DLB)は、認知症の中でもアルツハイマー型認知症の次に多い疾患です。約20%を占めています。

原因は大脳皮質や脳幹、間脳に「レビー小体」という異常な物質が溜まってしまうことで起こります。

このレビー小体がなぜ溜まるのか、認知症の原因になるのかはまだはっきりと分かっていませんが、レビー小体型認知症の方は画像検査でレビー小体が多く存在していることが分かっています。レビー小体とは、たんぱく質の一種(アルファ-シヌクレインという物質)です。

レビー小体型認知症の症状は?

レビー小体型認知症の症状は、原因物質のレビー小体が大脳全体に蓄積したり、脳幹部や間脳などのに蓄積したりすると症状が現れます。

レビー小体が多く溜まる場所によって症状が違います。

大脳全体に多く溜まってくると物忘れなどの認知症の症状が現れますが、脳幹や間脳部に溜まってくると手指のふるえや歩きにくさなどの動きに関する症状が出てきます。

つまり、大脳全体にレビー正体が増えると会話から症状が分かり、脳幹部などに増えると動作で症状が分かってきます。

以上のような症状が特徴として出てきますが、初期症状の訴えからレビー小体型認知症でいちばん覚えていおきたい症状は「幻視」です。

幻視とは見えないものが見えたり、見えてるものが違うものに見えたりするすることです。レビー小体型認知症は早期から「幻視」を自覚するようになるのがいちばんの特徴で「虫がいるとか、ネズミや動物が動いている」などの言動が聞かれたら疑っていいでしょう。

もう一つは、初期には幻視が自覚されやすいのに対して記憶障害はあまり目立たないのも症状の特徴としてあります。

レビー小体型認知症の症状から診断する方法

レビー小体型認知症は、probableDLBとpossibleDLBという2つの診断タイプに分けられています。

「probable」プロバブルとは、「臨床的確診」と言って、「possible」ポッシブルとは、「臨床的疑診」といいますが、臨床的な症状から診断するためにやんわり確定診断として決めつけられない為に用いられています。

つまり、「今の症状だとおそらくレビー小体型認知症じゃないかな」ってことを確信的か猜疑心的かで診断しときましょうねっていうことですね。

レビー小体型認知症の診断基準は中核症状のうち以下の項目の2つで「probableDLB」と定義され1つだと「possibuleDLB」に定義されます。

1.日や時刻などによって、注意力や覚醒レベルに波があること(認知機能の動揺)

2.ハッキリした幻視が現れること

3.パーキンソン症状がみられること

まずは上記の症状がないかを確認してレビー小体型認知症化かどうかの当たりを付けると良いですね。

レビー小体型認知症の診断基準

レビー小体型認知症の診断基準の資料を載せておきますので気になる方は以下を参照してチェックしてみて下さい。

  • 社会生活に支障がある程度の進行性の認知症の存在。(初期では記憶障害は目立たず、進行とともに明らかになる。注意力、前頭前皮質下機能、視空間認知が侵されやすい)
  • 以下の3項目の中核症状のうちprobableDLBでは2項目、possibleDLBでは1項目が認められること

1)注意や覚醒レベルの明らかな変動を伴う認知機能の動揺

2)現実的で詳細な内容の幻視が繰り返し現れる

3)パーキンソニズムの出現

  • DLBの診断を支持する症状

1)繰り返す転倒

2)失神

3)一過性の意識障害

4)向精神薬に対する感受性の亢進

5)系統的な妄想

6)幻視以外のタイプの幻覚

7)レム睡眠行動障害

参考文献:一般病棟で役立つ!「初めての認知症看護」興味のある方はどうぞ。

まとめ

レビー小体型認知症の原因から症状について手掛かりになる特徴など書いていきました。認知症は症状が多彩で進行性なので刻一刻と症状が変化していきます。常に言動や行動などをチェックして今の状態を診断基準を使って確認していきましょう。

以上、「症状からレビー小体型認知症かを判断する方法は?」でした。

症状からレビー小体型認知症かを判断する方法は?” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です